2025年に乗ることになる未来の飛行機-NASA

NASAはロッキード、ボーイング、ノースロップといった大手航空会社に未来の飛行機を設計するように契約しているという。

この飛行機の条件は音速の85%の速度で走るということ、およそ7000マイル(11 265.408km)の範囲をカバーすること、そして乗客であれ貨物であれ20万~45万kgの積載量を運べることである。

上画像はボーイングのデザイン。

2025年には実現するデザインなのだろうか。軍事方面での利用が期待されるものをデザインするDARPA が作ったかのようだ。


上画像はロッキードのデザイン。最初の画像はノースロップ。
■関連リンク
NASA – A First Look at Flight in 2025
DARPA | スゴモリ
これは空飛ぶ潜水艦?それとも水中を潜れる飛行機? | スゴモリ
インターネットようにリアルな食べ物をケーブルで転送するFoodtubes | スゴモリ
空飛ぶ箒の前段階的なもの=1人乗りの飛行機 | スゴモリ
美しい新兵器、無人飛行機タラニス | スゴモリ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド