超まじめな超心理学実験

米コーネル大学のダリル・ベム教授は、「自己知覚理論」と呼ばれる心理学理論で60年代後半に一世を風靡した心理学者である。そんなまっとうな心理学者であった彼が、超心理学に関わるようになったのは、プリンストン精神物理学研究所で乱数発生装置を用いた超心理学実験に没頭していたチャールズ・ホノートンという超能力肯定派に協力を依頼されたからと言われている。学生時代にマジシャンのアルバイトで学費を稼いでいたベム教授はトリックにも通じ、実験データの統計処理もお手のものということで白羽の矢が立てられたのだ。

それから約40年、今では超能力はあまりに陳腐化し、TVのバラエティー番組やコメディー映画のネタになるのが関の山なのだが、ベム教授の真理を追究する情熱は40年前と少しも変ってはいなかった。今回彼は、まっとうな心理学の一流専門誌『Journal of Personality and Social Psychology』に掲載予定の論文(PDF:購読無料)の中で、8年の歳月をかけて行った9つの超心理学実験の結果を発表したのだ。彼は、論文の中で9つのうち8つの実験において統計的に有意な超心理現象を確認できたと報告している。

その実験内容の一部は、すでに他のニュースサイトでも取上げられているので、ここでは詳しく触れないが、今回のベム教授の実験結果には多くの反論が寄せられているのも事実だ。しかし、それは彼の主張が荒唐無稽だからというわけではない。それは、今回の結果がまっとうな科学専門誌に掲載された論文であることからもわかるように、彼が徹底した実験主義に徹したからだ。実験主義とは、誰もが追試可能であり、適切にコントロールされた実験を通して仮説を検証するという姿勢である。反証可能であることが科学の大前提であることを考えれば、ベム教授によるこの論文は立派な科学論文なのだ。あとは、多くの科学者に追試されることで、それが真実かどうかが明らかにされると考えられる。現在、すでにひとつの追試実験結果が公表されているが、そこでは追試に失敗したことが報告されている。

(神無 久:サイエンスあれこれ

■関連リンク
なぜ我々は間違った意思決定をしてしまうのか | スゴモリ
賢い人ほど長生きする-ミツバチを用いた研究によってフォローされる | スゴモリ
Feeling the Future: Experimental Evidence for Anomalous …
CSI | Back from the future: Comments on Bem
人間はポルノのことだと予知能力が上がる。コーネル大名誉教授が発見 – ネタりか
SSRN-A Replication of the Procedures from Bem (2010, Study 8) and a Failure to Replicate the Same Results by Jeff Galak, Leif Nelson

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド