瞬速起動のパソコンへの道、100万分の1の消費電力で演算も記憶も行うトランジスタ

独立行政法人物質・材料研究機構、科学技術振興機構、大阪大学、東京大学の共同チームが開発した、従来の100万分の1の消費電力で演算も記憶も行えるトランジスタによって、起動後の待ち時間を限りなくゼロに近づけたパソコンの開発が期待できるようになった。

この新しいトランジスタは「アトムトランジスタ」と呼ばれ、従来のトランジスタが半導体中における電子の移動を制御しているのに対して、わずかな金属原子を絶縁体中で移動させることにより動作するという。

従来、演算素子(トランジスタ)と記憶素子(メモリ)を組み合わせることで、ひとつの「記憶する演算素子」を形成していた。しかしながら、従来素子では記憶に要する消費電力が極めて高く、実用化にはその大幅な低消費電力化が必要となっていた。今回開発した新しいトランジスタでは、この記憶に要する消費電力を従来素子の100万分の1にした。

SSDによる高速起動のパソコンが注目されているが、これが実現すればさらに高速、高機能なパソコンの登場が期待できる。

■関連リンク
・100万分の1の消費電力で、演算も記憶も行う新しいトランジスタを開発 – プレスリリース | NIMS

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド