人工血液の歴史、エセックス大学

人工血液の開発は昔から熱い研究テーマになっている。去年の今頃にはエセックス大学が新たな人工血液作成の鍵となる特許を出願した。そこで人工血液の歴史についておさらいしてみよう。

人工血液が開発が盛んになったのは第二次世界大戦後である。もちろん理由は負傷した兵士への輸血が足りなかったからである。人工血液の目標は、長期保存ができ、血液型に関係なく、普通の血液より効率がいい事であった。アプローチとして考えられたのは、非生物系の物質でできた化学系人工血液と既存の血液を改良した生物系人工血液だった。

現在前者ではフルオゾール、後者はエセックス大学の改変ヘモグロビンがその代表格ともいえる。

■関連リンク
血液鑑定で年齢をピタリ | スゴモリ
女性から一番人気の血液型はズバリO型! | スゴモリ
代替血液 – Wikipedia
酸素輸液プロジェクト(研究概要)

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド