コミケで仲間とはぐれて連絡が付かなくなってしまった方へのご提案

衛星電話というのを聞いたことがあるだろうか?山を登る人なんかは聞いたことがあると思う。その名のとおり電話なのだが基地局が地上にはなく、宇宙の人工衛星なのだ。

コミケや災害時のようにひとつの基地局に電話が一斉に集中したり近くの基地局が地震により使い物にならなくなってしまう事がある。そこで利用者が少なく滅多なことでは壊れない衛星電話である。地上から衛星に電波を飛ばし、それを衛星がキャッチ、地上の専用の基地局へ飛ばし電話がかかるという仕組みだ。

しかし相手も衛星電話を使ってなかったりほとんどの人が衛星電話に乗り換えたらまた同じことが起こってしまうというのが難点。お金が余っている方はぜひ一度衛星電話を試してみてはいかがだろうか?

ちなみに、ドコモはワイドスター2を現在も提供しており利用可能だ(画像)。KDDIはイリジウムサービスを提供していたが、現在はサービスを終了し2013年までの保守管理をもって完全終了するとしている。

■関連リンク
ワイドスター | サービス・ソリューション | ドコモビジネスオンライン | NTTドコモ
イリジウムサービス | 衛星通信 | KDDI株式会社
超高速インターネット衛星きずなを用いた小笠原村診療所と東京都立広尾病院での遠隔医療実験成功 | スゴモリ
衛星電話 – Wikipedia

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド