なぜ我々は間違った意思決定をしてしまうのか

先日発表された研究によれば、直感的な本能を信じて決断するとしばしば間違った選択をするという。また、研究者は本能的な直感が困難時の役立つものとなりえるが、同時にコストがかかったりや危険な間違いにつながるという。

直感的な本能を信じれば(これが間違った選択の可能性があるということ)、今回の発表は非常に当たり前に思える内容だが心理学、脳科学、認知学などの分野の研究対象になるようだ。

この調査では、自分の直感力を信じる事で、自分の身に物理的に起こる影響がどれくらいあるのかということが明らかにした。科学心理学会(Psychological Science)誌に掲載された研究によれば、予知決定をする能力がかなり様々な人間とので変わるのを可能にすると明らかにしたという。

イギリス、ケンブリッジ大学の英国医学研究協議会認知脳科学部門の筆頭著者のBarnaby Dunn博士は以下のように述べている。

我々はしばしば体から湧き上がる本能的な直感について話をします。我々の本能的な直感に従うことや、自分の気持ちを信じることといったものです。確かでないことは我々がフォローすべきなのか、疑うべきなのかどうかということです。私たちの本能的な感情はどうやって決断するのかという影響において異なるでしょうか。

このテストでDunn博士と彼の共著者は本能的な感情と直感的な意思決定の関連を見つけた。Dunn博士は、以下のように述べている。

実際に我々の体に起こっていることは我々の心に入り込んで影響を与えるようです。我々はこうした直感的な本能に従うことに対して注意しなければならなりません。しかし時にそれらは助けにもなるし時に意思決定の邪魔をもします。

■関連リンク
Why you could be making the wrong decision and be led astray if you follow your gut instinct | Mail Online
ノーベル賞のグラフェンができる事のわかりやすいまとめ | スゴモリ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド