3km先の人を正確に狙撃できる戦争ロボット-韓国

The Super Aegis IIは人間にフレンドリーなロボットとは反対の立ち位置にあるロボットだ。このロボットは韓国の民間企業であるDoDAAMが開発した12.7mmマシンガンと40mmの自動グレネードランチャーが装備された戦争ロボットで、30倍CCDズームカメラ、レーザー距離測定機、赤外線センサーを備え、暗闇の中では最長2.2km先、明りがあれば3km先の人間を狙撃することができる。しかも、ターゲットを見つけたら自動で狙撃するようにプログラムできるという恐ろしいロボットだ。

プログラムが自動で操作するため、人間が生むためらいなどが生まれず、純粋に最短速度で狙撃が可能とのこと。ロボットエキスポ2010で公開された。

実際に、こうしたタイプの武器はすでに戦争にて実戦投入されていて、アメリカ軍のC-RAMはイラク戦争の際に用いられ大量虐殺を生みだした要因の一つだ。現在韓国と北朝鮮は緊張状態にあるが、こうした武器が実戦投入されないことを祈るばかりだ。

■関連リンク
DoDaam Systems
:: Welcome to Project Manager C-RAM Counter Rockets, Artillery, and Mortars – PEO C3T ::
South Korea’s Robot Machine Gun Turret Can See You Coming 3 km Away | Singularity Hub

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド