過ぎたるはなお及ばざるが如し、酸素は毒にもなる

Goddess Mother of the Universe

私たちが生きるのに必須となっている酸素、この酸素が毒となるのは知っているだろうか?
「酸素が毒」と聞いて「ああ、活性酸素の事ね」と思う方も多いだろうが、活性酸素の毒性はゆっくりしたもので、すぐに死ぬ事はない。しかし酸素を吸うだけで最悪死んでしまうということもあるのだ。

酸素は空気中に約21%含まれているが、もし酸素だけを吸い続けたらどうなるのだろうか?

一見問題ないように思えるが、一日もこのような環境で呼吸していれば肺胞(肺にある呼吸に重要な細胞)が破壊されてしまい肺が炎症を起こしてしまうのだ。これで重症になると呼吸が苦しくなり、肺が血に染まってしまうこともある。

過ぎたるはなお及ばざるが如し、度を超えて大量にあっても体には良くない。
Creative Commons License photo credit: Unitopia
■関連リンク
・Amazon:人間はどこまで耐えられるのか (河出文庫)

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド