謎多きガンマ線バースト

一時期恐竜を絶滅させたのはこいつじゃないかとも言われ、2012年滅亡説の候補ともなっているガンマ線バーストだが、実は謎多き現象である。

ガンマ線バーストは大きな質量を持つ星が死を迎えて爆発するときに起きると言われている現象で、超新星爆発よりも強力で現状宇宙最大の爆発である。(ガンマ線バーストを凌ぐのはビッグ・バンのみ)
しかし、ガンマ線バーストの正確な爆発メカニズムはわかっておらず、どのタイミングで起きるかもわかっていない。しかもガンマ線が大気圏で吸収されやすく地上では観測できないため宇宙で観測されているが、稀に想定外のガンマ線バーストが起こり観測衛星が機能しなくなるなどまだまだ手がかりが少ない状況だ。

もし2012年に地球が滅亡するとわかったらあなたは何をやるだろうか。

■関連リンク
ポータブル放射線測定器(ガウガーカウンター)
ガンマ線バースト:サラリーマン、宇宙を語る。
次なる世界初を目指す「イカロス」、ガンマ線バーストの観測に成功

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド