独立行政法人物質・材料研究機構がレアメタルとレアアースの解説サイトを公開

独立行政法人物質・材料研究機構(NIMS)が、「レアメタル」「レアアース」の解説・紹介するホームページを開設した。NIMS曰く、普段目にする「レアメタル」や「レアアース」とは具体的にどのようなモノかわからないと感じている人の為に、こうした情報をまとめて紹介するとしている。

NIMSの解説ページではレアメタルとレアアースに対して以下の解説をしている。

・レアメタルとは
明確な定義はありませんが、「地球上の存在量が稀であるか、技術的・経済的な理由で抽出困難な金属のうち、安定供給の確保が政策的に重要(経済産業省)」で、産業に利用されるケースが多い希少な非鉄金属を指し、構造材料へ添加して特性を向上させたり、また電子材料・磁性材料などの機能性材料などに使用されています。

・レアアースとは
レアメタルのうち、スカンジウム、イットリウム、ランタンからルテチウムまでの17元素のグループは、一般的に希土類元素、あるいは「レアアース」と呼ばれています。

こうした基本的な解説から、具体的な資源問題などの考察もされていて、興味のある人には価値のある情報となっている。

■関連リンク
[ お知らせ ] レアメタル・レアアース特集ホームページの開設について – ニュース | NIMS
物質や材料専門の研究所によるレアメタル・レアアース情報 | NIMS レアメタル・レアアース特集

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド