宇宙人は本当に居るのか?居る確率を計算してみよう

Cave troll as corporate bully

NASAの例の発表は残念ながら宇宙人そのものではなかったが、ドレイクの方程式というものをご存知だろうか?

この式は1961年にアメリカの天文学者フランク ドレイクが提唱したもので人類の居る銀河系で我々とコンタクトを取れる宇宙人の数を求める式で以下のような物だ。

N=R*×fp×ne×fl×fi×fc×L
N :我々の銀河系に存在する通信可能な地球外文明の数
R* :我々の銀河系で恒星が形成される速さ
fp :惑星系を有する恒星の割合
ne :1 つの恒星系で生命の存在が可能となる範囲にある惑星の平均数
fl :上記の惑星で生命が実際に発生する割合
fi :発生した生命が知的生命体にまで進化する割合
fc :その知的生命体が星間通信を行う割合
L :星間通信を行うような文明の推定存続期間

それぞれの値に好きな数字を入れていくという実にテキトウな式で様々な本で様々な式が代入されておりしかもその値が正しいとも誰も証明できないのだ。

因みにドレイク自身は

R* = 10個/年
fp = 0.5(50%)
ne = 2個
fl = 1(100%)
fi = 0.01(1%)
fc = 0.01(1%)
L = 10,000年

という数値を代入している。

核戦争が起こったり太陽のような便利な恒星ではない恒星であったりする事は差っ引いているので殆ど信ぴょう性は薄いと考えられている。
調べてみたい人は電卓片手に思い思いの数値を入力してみてはいかがだろうか?
Creative Commons License photo credit: kevindooley

■関連リンク
NASAが発表した地球外生命体に関する重大発表は地球外に生命体がいる可能性を示すヒ素を食べる細菌 | スゴモリ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド