メールは死んだ、25歳以下はSNSでコミュニケーションをとるように

True phone

TwitterやFacebookなどが海外から日本に押し寄せてきて、一気に知名度を上げた2010年。コミュニケーションの形態がかわってきている。特に25歳以下の人々の間で。

米大手調査会社comScoreによれば、何百万人もの人々が複雑で手間のかかるメールを捨てて、ソーシャルネットワークサービスに移行しているという。それは、カセットテープやファックスのように廃れていく運命なのかもしれない。

TIME誌によれば、2009年の9月にメールの利用者がピークに達したときから120万人ものユーザーを失ったという。また、米大手メールサービス3社(Gmail, Yahoo Mail, Hotmail)も利用者が減っている事を認めている。

若い利用者は、画像や動画をその場で柔軟に共有できるインスタントメッセージを好む。だからFacebookやTwitterに流れていったのではないだろうか。パソコン誌のライターは、メールには銀行の利用明細やアカウントの有効化のメッセージしか届かず、有効な利用方法がなくなっているという。

スパムに受信トレイをいっぱいにされ、嫌気がさしメールアドレスを変更するという行為も日本の若者に多く見られる。しかしそれでも大丈夫なのだ。オンラインでつながっているから。そこでメッセージをやり取りするから。

メールが手紙のような位置づけにかわりつつあり、コミュニケーションの形が姿を変えつつある。今わたしたちは歴史的にも重要な過渡期に立ち会っているかもしれない。

Creative Commons License photo credit: Florian SEROUSSI

■関連リンク
Still sending emails? You’re showing your age as popularity among young users plummets | Mail Online

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド