SFチックな方法でマラリアを根絶する研究が始まっている

意外と知らない人も多いのだが、マラリアは今でも猛威をふるっていて、アフリカでは多くの人(特に子供)を殺している
以前からマラリアを撲滅しようという挑戦は始まっているのだが、マラリアを媒介するのがみんなの大嫌いな蚊ということもあり、なかなか効果的な対策は見つかっていなかった。
そこでインテレクチュアル・ベンチャーズ社が考えたのが蚊をレーザーで撃ち落とすという構想だ。
これは1980年代にアメリカが考案したSDI計画を応用したもので、この技術はこの会社に投資もしているビル・ゲイツ氏からの考案だそうだ。
この技術はカメラとレーザという簡易な装備ながら、蚊の♂♀を見分け、マラリアの原因物質(マラリア原虫)を運ぶ♀のみを撃ち落とすことができる。

■関連リンク
・Amazon:コクヨS&T レーザーポインター(ペンタイプ) サシ-82
Rocket Scientists Shoot Down Mosquitoes With Lasers – WSJ.com
“発明で世界を変える”会社:ニュースモーニングサテライト:テレビ東京

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド