高層マンションなどの窓をロボットが自動で掃除


高層マンションではロープなどを上からつるして、人が手作業で窓のゴミを除去し、きれいに掃除するのが一般的だが、その職業の立場が機械化によって危ぶまれている。

韓国の企業一心グローバルが作成した窓掃除ロボット「Windoro」はガラスを両面から強力な永久磁石で挟み込み、その厚さを自動で測定して掃除を開始する。これにより落下の危険は下がると言う。10~25mm程度の厚みまでに対応するという。しかしながら、ガラスを挟むという部分で、小さなガラスや三角形といった形には対応できない。

日本でも来年度発売開始予定とのこと。お掃除ロボットがすでに人気になっているが、窓ふきもロボット化してしまうのだろうか。

■関連リンク
・Amazon:iRobot Romba 自動掃除機 ルンバ 577 シルバー
Windoro
PIRO Develops Roomba-like Robot To Clean Your Windows
windro robot: this roomba does windows on technabob

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド