視覚障害のある人がクレジットカードを使うアイデアまとめ

障害者用のアイテムが徐々に普及しつつあるが、社会サービスとしてのIT機器への対応というのは遅れがちだ。というのも、障害者用にカスタマイズされた元のアイテムが、どんどん新しい製品に置き換わってしまうからだ。しかし、クレジットカードというのはそろそろ整備され、道筋がきちんと通ったのではないか。さて、障害者用に考えられる方法はなんだろうか。音声案内サービスやヘルパーを呼び寄せる電話をATMの隣に設置するだけではアイデアとして乏しい。見てみよう。

Blind CC

このアイデアは、スピーカーと点字ブロックがついている。指紋を認識するセンサーが本人認証を行う。商品の確認は音声または点字ブロックで行う。商品をコールするときは商品タイプによって音声の質が異なるのでわかりやすくなっている。リアルタイムで点字ブロックを生成する仕組みがあればスゴく便利だろう。

The visual assistant card

こちらは、カード決済の液晶画面の上に点字ブロックを重ねる事で、液晶画面に表示されている文字を認識するというアイデア。

■関連リンク
・Amazon:朝子さんの点字ノート―目の不自由な人の心を知る本
・Amazon:ピクトレイン ミニボックス 点字ブロック P047
・Amazon:レゴブロック 塩コショウ入れ
Credit Card for the Blind by Kwon Ki Nam » Yanko Design
視覚に障害がある方のためのクレジットカード(Blind CC) : monogocoro ものごころ
革新的発明と製品情報 » 視覚障害者用クレジットカード
The Visual Assistance Card by Kyle Lechtenberg » Yanko Design

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド