簡易暗視ゴーグルを実現する薄膜

有機発光ダイオードを使用した薄膜で暗視ゴーグルと同じ機能を実現する技術が開発された。

この膜は7層に分かれていて初めの数層で赤外線を感知し可視光に変換、残りの数層で増幅をするという仕組みだ。本来暗視ゴーグルには赤外線イメージ管や大きな電圧、かさばる装置が必要であったが今回の技術は3~5Vで済むので暗視装置の小型化が進むと見られる。

この技術はメガネや携帯電話、自動車のフロントガラスに利用するだけでなく医療分野で患者の体温を即座に判断するサーモグラファーのような使い方も出来るという。

将来は単1乾電池を何本も使う懐中電灯は無くなってしまうかもしれないぞ。

■関連リンク
・Amazon:Kenko 暗視スコープ YUKON SPIRIT 2X24
Night Vision Coming Soon To Cell Phones, Eyeglasses : Discovery News
Deconstructed: How Night Vision Goggles Work : Video : Science Channel

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド