日本人が持っていた海苔を分解する酵素

フランスのロスコフ生物学研究所がZobelliagalactanivoransという海洋性バクテリアが、アマノリ属の海草が含んでいる多糖類を分解できる酵素ポルフィラナーゼを含んでいることを発見した。

さらにこの酵素の遺伝子を持つ酵素やのりが原料の寒天を分解するアガラーゼ腸内に持っているのが日本人しか居ないということも発見した。古くから日本人は海草を好んで食べ一緒に食べてしまった細菌からこの遺伝子を取り込んだと見られている。そして実はこれ消化しないためダイエット食品としても有名な寒天を消化してしまってエネルギーに変えているということなのだ。

今後のダイエット業界でも寒天以外の物が使われるようになる可能性が大きくなったぞ。

■関連リンク
・Amazon:chuboos! 冷菓流し型&寒天突きセット FP-5222
・Amazon:粉末抹茶寒天 100g
・Aamzon:ヘルシーキユーピー 寒天麺 4食セット
Access : Transfer of carbohydrate-active enzymes from marine bacteria to Japanese gut microbiota : Nature

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド