延坪島(ヨンピョンド)島事件で使われたかも?北朝鮮の持っている強力自走砲コクサン

本日北朝鮮が韓国の本土に砲撃を行った。
砲撃に使われた砲弾は発表されてないが、その候補と見られる強力な自走砲を紹介しよう。

M1978 170mm自走砲「コクサン」は北朝鮮の保有する自走砲で、もとはソ連から供与されたものを改良したと言われている。このコクサンの特徴はその射程距離が多くの国の最新型自走砲にも劣らない点にある。通常の砲弾を使った場合、多くの自走砲は射程距離が30km程度であるが、コクサンは40kmの射程がある。さらに、射程距離が長くなるRAP弾を使用した場合、その距離は60kmになるとも言われ、これを凌ぐ最大射程距離を持つのはイギリスのAS-90ぐらいである。

このように強力な射程距離を持つコクサンであるが、その最も恐ろしい点はこいつがソウルを砲撃出来る位置に配備されている事だ。

■関連リンク
・Amazon:Sugar Land (シュガーランド) フラッグマグ North Korea(北朝鮮) 11190-5
・Amazon:鎌倉カフス工房 北朝鮮国旗カフス【カフリンクス・カフスボタン】 dc037
RAP
コクサン – Wikipedia
日本周辺国の軍事兵器 – M1978 170mm自走加農砲「コクサン」
M109 155mm自走榴弾砲 – Wikipedia
AS-90 – Wikipedia
M-1978 / M1989 (KOKSAN) 170mm self propelled (SP) gun

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド