実は非常に危険なGPS

GPSには民間で利用されているC/Aコードと民間に公表されていないP(Y)コードの2種類が存在することを知っているだろうか?

P(Y)コードは軍事目的を想定されており精度が非常に高く誤差20cm以内と言われている。では日本の自衛隊はP(Y)コードを使っているのか?答えはNOである。自衛隊のイージス艦などは民間利用されているC/Aコードしか利用していないのだ。しかもGPSを所持しているアメリカはいつでも好きな地域にGPSの信号を停止することができもしアメリカと戦争になったとしたら戦闘機や爆撃機、ミサイルに積まれているGPSはすべて機能しなくなるということになる。

また宣戦布告されたあとにGPSを潰されどうしようもなくなる事態も考えられる。これからはアメリカだけに頼らない座標測定システムの構築も重要になってくるのではないだろうか(戦争しないことが一番だが)

■関連リンク
・Amazon:Wireless GPS Logger M-241
グローバル・ポジショニング・システム – Wikipedia

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド