太陽光発電の問題とその解決法

シャープ株式会社の社長は太陽エネルギーをうまく変換できないだろうかとつぶやいていたという。そのシャープは今や世界で一番の太陽光発電のメーカーとなった。

太陽光発電が一般に実用化され、認知、普及が進んでいるが太陽光発電には問題点もある。それは、ホコリなどのゴミが表面に蓄積し、太陽光から電気エネルギーへの変換効率が落ちるという問題だ。この問題は雨風などにより自然に洗い流されるというセルフクリーニングというもので解決できるとしていることがある。

発想としては、表面のホコリを検知して、もしくは定期的に自動で洗浄し、表面のホコリを除去するという方向性になるだろう。ちなみに、ボストン大学の最近の研究では、塵粒子と反発するような帯電物質で太陽発電パネルの周りを覆うという方法で解決できるという報告もある。

しかしながら、とりの糞などが付着する事に対する対抗策をまた別に考える必要があり、まだまだ過渡期にあるといえるだろう。

太陽光から電気エネルギーへの変換がもっと効率的にできるようになれば、将来的には、砂漠などの利用されていない土地への展開も可能になり、使われていなかった土地の価値が見直されるようになるかもしれない。

■関連リンク
・Amazon:SANYO エネループ ポータブルソーラー ツイン SSL-SBWL3AS

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド