人が簡単に殺しそうなタフでカッコいい戦闘用ロボット

ロボットは常に軍事と密接に進化してきた。これは自国の軍人を失う事なく相手国の軍人を奪う事が機械には可能だからだ。しかもそのパワーは人間を遥かに上回る可能性がある。

このロボットは4輪駆動なのでUターンにスペースを取らず、そのまま回転可能。そして操縦者はバーチャルリアリティなヘッドマウンドディスプレイで操作が可能になっている。カメラはロボットの先端部に取り付けてある。どんなにひどい地面でも転がりながらでも起き上がるタフさを備え、車を引っ張る馬力も持ち合わせる。救難用ロボットのみならず戦闘用ロボットとしての利用も検討されている。

例えば、背中に銃を背負ってしまえば、そのまま無人戦闘ロボットになる。これはワイヤレスで充電式、暗視ゴーグルも備える。カメラを通して人間が外部から操れるので、まさにCall Of DutyのようなFPSをゲームとして遊ぶような感覚で、物体に照準を当てて射出できるのだ。

射出速度は1秒間に20発。将来的には米国特殊部隊のSWATでの採用を目指しているとの事。犯罪はしないようにしようと覚える一品だ。

■関連リンク
・Amazon:ラジオコントロールヘリコプター アパッチタイプ 2ch 14736
・Amazon:Kenko 暗視スコープ YUKON SPIRIT 2X24
Mega Hurtz Tactical Robot by Chris Rogers » Yanko Design

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド