パンにバターを塗る諸君、パッケージがバタースプーンになるバターを買いたまえ

パンにバターを塗る諸君に朗報だ。いや、正確にはバターをあけても、そのパッケージにパンをつっこんでバターを塗っていた面倒くさがりやな諸君だ。


このButter Betterはパッケージの上部のふたがそのままバタースプーンとして使えるようにデザインされたもの。チョコレート、ストロベリージャム、ピーナッツバター、はちみつと味によってパッケージの色が分かれており、直感的に何を塗っているのかわかるのも特徴。


このアイデアを活用すれば基本的にスプーンやフォークなどを利用しなければ行けない、すべての食品のパッケージに使えそうだ。

ちなみに、以前に韓国のデザイナーが同様のアイデアで、ヨーグルトのパッケージをデザインしている。それが以下の画像。
アイデア自体は以前からあるようだが、なかなか目立って製品化されないのはやはりコスト的な問題なのだろうか。


■関連リンク
・Amazon:アバター [初回生産限定] [DVD]
Butter! Better! – Butter Packaging by Yeongkeun Jeong » Yanko Design
Yogurt Spoon Package Design by Cho Hye-seung » Yanko Design
ジャム容器とバターナイフが一体化した「Butter! Better!」: DesignWorks
革新的発明と製品情報 » バタースプーン付きパッケージ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド