セグウェイを改造すると時速40kmの超高速で走れるようになる

アメリカの発明家ディーン・ケーメンによって発明された電動たちのり二輪車であるセグウェイ。アクセルは体重移動によって行う。前傾すると進み、後傾すると止まる。通常の2輪車なら止まると倒れてしまうが、これをセグウェイは唐倒立振り子の制御方法でバランスをとつ。この体重移動による操縦と、2輪車なのに立てるというところに先進性とインパクトがある。

さて、このセグウェイの公式の通常最高時速は約20kmだが、これを時速40kmまででるように改造した人がいる。

車輪を馬車のように大きなタイヤに変更して、

アドレナリンがでまくるであろうこの改造を真似して超高速で移動するセグウェイユーザーが街にあふれないことを祈る。

■関連リンク
・Amazon:ex:ride ride.004 ホイールウォーカー ホワイト (ノンスケール ABS&PVC製塗装済み完成品)
・Amazon:世界を変えるマシンをつくれ!―「セグウェイ」をつくった天才発明家とエンジニアたち
The World’s Fastest Segway (Video)
Hello, danger: the high speed Segway makes its debut | DVICE
Highspeed Segway

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド