なぜ東日本と西日本では電源の周波数が違うのか?

東日本と西日本ではあるところを境にコンセントの電源の周波数が50Hzと60Hzに分かれている。

時は遡ること明治時代・・・

関東ではドイツのAEG社から発電機を購入したのだがこれが50Hz仕様であった。一方関西ではアメリカのジェネラルエレクトリック社から60Hz仕様の発電機を関東に遅れて導入してしまった。なので東日本から西日本、あるいは逆に電気を送る場合途中の周波数変換所を通さなければならなくなる。

例えば日本中の電力を箱根に集める場合などに西日本の電力を東日本に送る場合佐久間周波数変換所か新信濃変電所を介さなくては電力を送ることができないのだ。ちなみに今の日本の周波数混在の状況を変えるにはどちらかの周波数を置き換えなくてはならなく経済的に難しいうえ周波数変換所だけで事足りているため今のままにしてあるという

■関連リンク
携帯電話充電機能付き パワフルラジオ

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド