人工冬眠の実現も近い!?

SF小説や映画などで出てくる人工冬眠、以前はワープ航法やタイムマシンと同じく夢の技術と思われていたが、人工冬眠はこのなかでも最も実現が近いものだろう。
その中でも実用化に一番近いのは、血液のかわりに低温の生理食塩水を注入する事で人為的に体温を急激に下げる方法だ。
この方法なら脳などの器官が破壊されずに、かつ冬眠状態になれるため、再び生理食塩水を血液に戻すまではいくらでも冬眠したままでいられる。
現在の技術では冬眠できる期間は数か月程度だが、医療機器や遺伝子治療の発達によっては数年、数十年と本物のSFレベルでの冬眠が実現されるという。

■関連リンク
映画「アバター」で気になったシーン(人工冬眠) – 開運千社札 – 楽天ブログ(Blog)
なんでも評点:米国で人工冬眠の研究が再燃、被験者を仮死状態にする人体実験を予定 — あの生還劇がきっかけに
・Amazon:「人工冬眠」への挑戦 (ブルーバックス)

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド