もしかしたらゴキブリは私たちの害となるよりも私たちの助けとなるかもしれない。

イギリスのNottingham University(ノッティンガム大学)によると、ゴキブリやバッタの脳から9種類の強力な抗生物質が発見された。これらの抗生物質はMRSA(いわゆる多剤耐性菌)の90%を死滅させ、しかも人間の細胞には害がないという。
「昆虫はしばしば非衛生的な環境に住みさまざまな細菌と接触する。それゆえに彼らが微生物から自身を保護するための仕組みを持っていることは理にかなっている。」とこの発見をしたサイモン・リー(Simon Lee)博士は言っている。
「これらの分子が最終的に大腸菌、MRSAなどの治療に開発される事を願っている。これらの新しい抗生物質は深刻な副作用をもたらす既存の薬剤のかわりとなるかもしれない」

最先端の分析機器を使用して、彼のチームは発見した抗菌性分子の特徴を研究している。研究は現在アシネトバクター、シュードモナス、バークホルデリアなどの新型耐性菌に対してこれらの分子の効力をテストするために進行中である。

この研究がさらに進めば将来処方される薬にゴキブリの成分が入っているということもあるだろう。

害虫として嫌悪されているゴキブリ、

そんなゴキブリに助けられる日が来るかもしれない…

■関連リンク

Via:BBC News – Insect brains ‘are source of antibiotics’ to fight MRSA

Amazon;ゴキジェットプロ 450ml

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド