西尾維新さんが小説家になったきっかけ「読んだら書きたくなった」

20100802_nishioishin.jpg毎日新聞・まんたんウェブに西尾維新のインタビューが出ている。

オリコンの10年上半期の作家ランキングでは村上春樹らに続く3位、アニメ化された「化物語」のブルーレイディスクは大ヒットし、代表作の「刀語」がフジテレビでアニメも放送されるなど絶好調の西尾維新だが、小説家になったきっかけは「読んだら書きたくなった」、心がけていることは「ストックはなるべくもたない」、ファンへのメッセージ「活字に触れて」と妙に刹那的な語り口だ。

売れまくってはしゃいでるような感じはしない。淡泊な男だ。

 

■関連リンク

西尾維新:「常に”最終巻”と思って書く」 アニメ化「化物語」も大ヒット 小説を語る – MANTANWEB(まんたんウェブ)

講談社BOX:西尾維新<物語シリーズ>

西尾維新を読みはじめようとする人のための入門編(上) – ロケスタ社長

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド