女性の「2次元に勝てる」発言に立腹する人続出

201007029_2D_LOVER.jpgあるサイトのアンケートで「ゲーム内の彼女に勝つ自信はありますか?」との質問に47%の女性が「ある」と答えていたことに対し、多くの男性ネット住民から否定的な意見が多数寄せられている。

このアンケート結果は、仕事と恋愛のポータルサイト「COBS ONLINE」内コンテンツ「コブス横丁」に掲載された「恋愛シミュレーションゲームに熱中する彼氏を許せる?」という記事にあったもの。この記事に関する2ちゃんねるのスレッドを見てみると、

「2次元に勝てるはずがない。実在するしないは置いといて」
「2次元は疲れた時に癒してくれるよ、給料安くてもグチグチ言わないし。3次元の長所は宅急便受け取れること」
「つーか2次元に勝つ自身のある奴がこんなにいるのが驚き」

と、現実の女性よりも、理想的な2次元キャラクターのほうに大きな魅力を感じている男性ネット住民が多かった模様。

また、これとは別にZAKZAKに女優の蒼井そらのインタビュー記事が掲載。そのなかで「草食男子」に対して「ニートと同じで、草食男子なんて名前をつけるのは正当化するようで嫌。そういう男子はもっと恥ずかしいと思わないと。どんどん”狩り”に出てほしい」と発言したことに対しても、2ちゃんねるでは、

「いらないのになんで狩りにでないといけないんだよ」
「まぁ、今じゃあ2次元って言う理想郷があるからな」
「生身の女にそこまでの労力を費やすほどの価値を感じない」

との意見が寄せられており、ここでも優勢なのは2次元の方だった。

これらの意見をみていると、もてないオタクのほっといてくれ発言のようだが、エマニュエル・トッドが唱えたように、社会環境が整備され識字率が上がると、出産率が下がるという話はずいぶん前から社会学では定説化しており、日本のオタク男がどうこうというせせこましい話は筋違いだ。

■関連リンク

恋愛シミュレーションゲームに熱中する彼氏を許せる?(COBS ONLINE) – livedoor ニュース

女性の「2次元に勝てる」発言に立腹する人続出 | web R25

ラブプラス+

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド