坂本龍一、タダになった音楽は再び「ライブ」へ回帰する

ryuichisakamoto_Phileweb.jpg

音楽業界のエグゼクティブが、上から目線で「音楽はタダという間違った認識が蔓延している」と発言したことが話題になり、坂本龍一さんが、「季刊analog&Phile」のweb特別インタビュー(2009年09月01日掲載)で語った内容が再び注目されている。既存の音楽ビジネスが世界的に下降線をたどっているのは事実だが、音楽の消費や需要は増えている現状にあって、これからの音楽の未来を予見するものとして重要な示唆を含んでいる。

レコードやCDというメディアを通して音楽を聴くスタイルは、レコード誕生以後の約100年くらいの歴史しかない。メディアの誕生と共に現在の音楽ビジネスの仕組みが構築され、ミュージシャンとその周辺の人たちの生活を支える一大産業となった。しかし、坂本さんは「この100年くらいでコンテンツはどんどんゼロに近づいている」と指摘。

追い討ちをかけたのは、インターネットを通じた「音楽配信」。パッケージ化されていない音楽データのやり取りを経験したリスナーは、既存の音楽ビジネスが時代に追いついていないことを敏感に察知。というのも、我々リスナーが音楽の対価として支払っていたものは、「実は製造や運搬というパッケージのためのコスト」(エグゼクティブの人件費含む)だったことが、露わになったのだ。

「音楽はどんどんタダ化が進んで、プライスがゼロに近づく」と語る坂本さんが示す音楽の次なるかたちは「ライブ」。現在の音楽ビジネスが誕生する以前は、音楽は目に見えないものだった。「音楽が目に見えない、触れられないデータ化されたものになっている今、もう一度音楽のおおもとのかたち - ライブへの欲求が強くなっている」。この傾向は非常に面白い変化だと、坂本さんは語っている。

ミュージシャンとリスナーを分断していた音楽業界そのものがなくなるということはあり得ないが、音楽パッケージビジネスが縮小していくことは間違いない。その代わりに、アーティストとリスナーをつなぐ場所としてインターネットの役割が重要性を増していくだろう。アーティストとリスナーが一体となって作り上げるライブイベントや128bpsなどの低音質の音源の無料配信、関連グッズのWeb販売など、やるべきことはまだまだたくさんある。

■関連リンク
坂本龍一氏に訊く、これからの音楽のかたちと価値とは – Phile-web
坂本龍一「第九の本当の値段は『0』です」 – 2のまとめR
【音楽】坂本龍一「タダになった音楽は再び『ライブ』へ回帰する」 音楽の未来を予言:芸スポまとめblog
坂本龍一、タダになった音楽は再び「ライブ」へ回帰する – 物語三昧~できればより深く物語を楽しむために
東京エスノ:【ゲンダイ】Jポップ全盛の時代に「隠れた名曲」がヒットする摩訶不思議
痛いニュース(ノ∀`):「CDだけじゃなく、音楽配信まで売れなくなった!」…原因は「違法ダウンロードのせい」と音楽業界が怒り
【音楽】オリコン・小池恒社長「音楽はタダという間違った認識が蔓延している」違法ダウンロードの激増で音楽配信市場の伸びに急ブレーキ:芸スポまとめblog
オリコン・小池恒社長「音楽はタダという間違った認識が蔓延している」違法ダウンロードの激増で音楽配信市場の伸びに急ブレーキ:アルファルファモザイク
暇人\(^o^)/速報 : ダウソ厨減らねえええええ 違法ダウンロード激増、音楽配信も急ブレーキ -
東京エスノ:【音楽】配信市場の伸びにブレーキ オリコン・小池社長「音楽はタダという間違った認識が蔓延している」
ダウソ厨減らねえええええ 違法ダウンロード激増、音楽配信も急ブレーキ│ニュース2ちゃんねる

■オススメの記事
NHK「アニソン三昧」出演のオリラジ中田敦彦のブログが炎上 – すごもり -
「けいおん!!」 Mステのミュージックランキングでも1位2位独占 – すごもり -
伝説のラジオ番組「NHK アニソン三昧」が5月5日に復活! – すごもり -
けいおん!のモデルになった豊郷小学校でギターの盗難発生 – すごもり -
異様な盛り上がりをみせるNHK「アニソン三昧」放送開始! – すごもり -

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド