すごもりライフをEverNoteで丸ごと記録!

evernote.jpg

3月3日から日本語版サービスの提供が正式に開始され日本人が親しみやすい環境になった。また、90日以内をめどに日本法人を立ち上げ、同時に日本語の文字認識機能を搭載する。以前から日本ユーザーは多かったが2010年1月のEvernote for Windows 3.5で日本語検索可能になったのを皮切りに一気に日本進出を果たした。ライフブログをする時代を予見させるようなツールをこの機会に一度使ってみてはどうだろうか。(話題の”パーソナルクラウド”サービス「Evernote日本語版」開始 -INTERNET Watch

この文字認識巣ごもりライフを送っている人々は以下のような事が出来る様になる。

・CDなどの歌詞カードのスキャンデータを検索

・ハガキや名詞のスキャンデータから自分だけの人脈データベース構築

・ウェブサイトのクリップ。ネタ集め。気持ちや考えのメモ。

すごもりの日々は毎日が同じような繰り返しになりがちだ。だからこそ情報の整理をしないと何が何だかわからなくなってしまう。個人によってEvernoteの使い方が大きく異なるが、基本のスタンスとしてはとりあえずEvernoteに放り込んでおいて、あとから整理してみる。という事だ。だんだんとタグの付け方やカテゴリの分け方がどんなモノを放り込む人間なのかによってわかってくるだろう。例えば、2chのスレッドを保存しまくればオリジナルの過去ログとしても活用できる。

以下に使い方の一例を紹介する。タグを使いこなすと一気に楽しさがわかる。

エキスパートに学ぶEvernote「タグ」の使い方 « Evernote日本語版ブログ

第1回:EvernoteのNotebookとタグの使い方(Evernote活用ガイド)

色々と情報があるようだが、特にオススメしたいのは、Evernote日本語版ブログ

いろいろな人の使い方やTwitterとの連携、スマートフォンでのボイスメモ、画面キャプチャなどなど様々な情報が集積されている。さぁこれを読んだアナタも、自分の考え、気持ち全部丸ごとEvernoteに保存して、ライフブログ、外部脳として活用しよう!

オススメ書籍

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド