"労働信仰的ゲーム"になったRPGは時間の無駄?


DQ6_guide.jpg

あれほど夢中でプレイしたドラクエが面白くない。100万本を突破する大ヒットとなった「ドラゴンクエストVI 幻の大地」だが、違和感を感じた人も多いのではないだろうか? ワールドマップをうろうろして、いたずらに時間を消費していると、自分が思っているRPGは、こんなんじゃないと。攻略本が売れるのもわかる気がする。ゲームメーカーが作り上げたレールの上を、主人公になりきって走っていくのに慣れてしまったのではないだろうか。

2ちゃんねるに、RPGは「時間かけりゃいいみたいな労働信仰的ゲームになってる」という批判のスレッドが立った。「洗脳されている感じた」ともあった。仮想世界で1人の人間として生きていく本格的なネットゲームとは違い、きちんとレールが敷かれていることが物足りなく感じてしまうのかもしれない。しかし、そっちの道にハマってしまうと、いくら時間と金があっても足りない” 廃人”の道に足を踏み入れてしまうのは目に見えている。学生など自由な時間がたっぷりあるうちにハマるのはいいと思うが社会人が手を出すものではない。

レベルを上げればクリアできるライトユーザー向けのゲームが自分にはふさわしい。「浅く広くがいいんだよ」。ストーリーを完全に忘れてるから、未知の世界へ足を踏み入れるワクワク感というのは十分に楽しめた。でも、かけた時間の割には、、、という釈然としない気分が残るゲームだった。

ニュー速VIPコレクション RPGってつまらないのになんであんな人気あるの???
暇人\(^o^)/速報 : ゲームの自由度ってなんだろう?
★DS版ドラクエⅥのキャラをLV99まで上げたらステータスはこうなります : ねたミシュラン
ドラクエ6初プレーだったが、不満ばかりが残る内容だった件。 – GilCrowsのペネトレイト・トーク
ゲームの最終ボスにありがちなこと カナ速

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド