"こくぼっさん" 国母選手へのバッシングに変化


kokubossan.jpg

バンクーバー冬季オリンピックのスノーボード男子ハーフパイプ選手、国母選手への、いや、”こくぼっさん”への風向きが変わりそうだ。予選において全体で4番目の高得点をマークして見事決勝進出を果たしたことから、一転して英雄として扱われ始めている。

本日昼過ぎから行われる決勝の結果次第で、どう変わるかが見モノだ。2ちゃんねるでは、国母選手関連のスレッドが乱立してお祭り状態となっている。昨日までは「国母」と呼び捨てだったのが、急に「さん」付けになったり、”こくぼっさん”と愛称で呼ばれたり、オリンピック並みにオモシロいぞ。

●午前10時時点の主要スレ
「国母は命を救ってくれた」 スノボ仲間が語る素顔(画面)
俺たちの国母が42.5の高得点
【スノボ】ニュー速民が最初から支持し続けていた国母さんが完璧な演技で高得点!
国母はもともとニュー速民だった  国母さん→こくぼっさん
ニュー速公認ボーダー国母さんが決勝進出決定
【五輪/感動】「国母は命を救ってくれた」「まるで犯罪者扱いだ。そんなやつじゃないのに」スノボ仲間が語る国母選手の素顔

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド