家族や友人と楽しむブラウザ三国志 その1


sangoku1.JPG

ブラウザ上で無料で遊べる「ブラウザゲーム」は、巣ごもり生活の暇つぶしに最適。「ブラウザ三国志」は1ゲーム3カ月間という限られた時間の中で世界の覇権を争う戦国シミュレーションゲームだ。ドラクエのようにシナリオがないから、大人でも退屈せずに楽しめるぞ。ゲーム上で出会った仲間と同盟を組んで、劉備や曹操などの三国志おなじみの武将が守るNPC(ノンプレイヤーキャラクター)城をいかに多く攻略するかがゲームの勝敗を決する。ブラウザ三国志をオススメするのは、時間とお金をかけなくても十分に楽しめる点と操作のシンプルさにある。指示を出せば開発や出兵・戦争まで自動で行ってくれるし、開発・戦闘・戦略立案といった戦争ゲームの要素と武将の育成・交換といったカードゲームの要素もきちんと備わっている。年齢・国籍を問わず、さまざまな人たちがゲームを楽しんでいるぞ。


sangoku2.JPG

今回は、ゲームスタートまでの流れを追ってみよう。まずはゲームアカウントの取得だ。1つのメールアドレスに1つのアカウントが発行される。複数のメールアドレスを使って複数のアカウントでプレーするプレイヤーは「複垢」と呼ばれ嫌われるので避けたほうがいい。2ちゃんねるでさらされ運営に通報されてしまうぞ。複垢は、ユーザー名や拠点の名前、行動時刻からバレてしまうことが多いので、失敗したら嫌だから予備に作っておきたいという人は気を付けよう。ゲームアカウントを取得したら、ユーザー名を付ける。ユーザー名は変更できないから、よーく考えたほうがいいぞ。その後、「関羽」「夏侯惇」「周瑜」の3人の武将の中から戦乱の世に一緒に旅立つ1人を選ぶ。そしてゲームを始める場所を、「北東」「北西」「南西」「南東」の中から選びゲームスタートだ。家族や友人とゲームを楽しむならば、開始場所とスタート時間を合わせること。近くにいないと協力もできず、同盟も組めず、一緒に楽しむことはできない。


sangoku3.JPG

ゲームがスタートしてしばらくは、「水鏡先生」がゲーム初心者のためのチュートリアル講座を開講してくれるので、指示に従って、開発や領土の取得などを行えばよい。チュートリアルが終わったころには最低限の生産、武将のレベルアップができるようになっているので、都市の発展と武将のレベル上げに励もう。また、自分の周囲の城主たちが領土を広げている様子がわかるようになるので、自国に有利に領土拡大を図っていこう。今から始める人は、既にゲームが進んでしまっているため、同盟は初心者向けのところに入るのがよい。第1ワールドの第3ゲームが1月21日に始まったばかりなので、北東の「▼誠▼」という初心向け同盟の門戸を叩くとよい。なお、第4ワールドの第1ゲームが3月3日に終了するので、すごもりでも、ゲームの実況を行うつもりだ。一緒に戦ってくれる同志を募集するので、ぜひ一緒に戦乱の世を戦ってほしい。


sangoku4.JPG

ブラゲタイム(ベクター)初期サイト
ブラウザ三国志 @ ウィキ
ブラウザ三国志 武将カード寸評 – livedoor Wiki

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド