こだわりのサウンド機器で"巣ごもり"を充実!

MS-75CH

テレビや動画などの映像を見続けていると、頭がワンワンして心が落ち着かなくなることがある。そんなときは、すべての喧騒を遮断してお気に入りの音楽をBGMに読書などをすると落ち着くぞ。家にステレオやラジカセがないという人は、パソコンで音楽を流せばいい。外付けのスピーカーを接続すれば十分満足な音質で音楽鑑賞できる。場所も取らないので狭い日本の住宅環境には適しているぞ。「ちょっと机の上にスピーカーを置いときたい」という人は「ELECOM MS-75CH」がオススメ。2000円ちょいと値段が安く、スピーカーのキャビネット部分も木製。またヘッドホン端子がついているので、「ちょっとヘッドホンをつなぎたい」といったときにも便利。

MM-SPWD3SV

お手ごろ価格で音質も良いスピーカーが欲しい人には「MM-SPWD3SV」がお勧め。3000円台中盤の低価格ながら、サブウーファーも搭載していて迫力の重低音が楽しめる。また前面部にヘッドホンジャックやマイクジャックもあるので、Skypeなどを使うのにも便利だ。LINE IN端子 も装備しているので、パソコンで外部入力から録音を行いたいといった場合にも活用できる。

SoundBlasterX-FiGo

ノートパソコンなどにヘッドホンをつないでいてノイズが入ることが多いと思ったときは、USB接続のサウンドデバイスをつなげて、そこから音を出すようにするといい。「Sound Blaster X-Fi Go!」は小型なので、ノートPCと一緒に持ち運んでも苦にならない。また独自技術のX-Fiで、高音質なサラウンドサウンドを楽しめる。さらに1GBメモリを内蔵しており、この中にドライバファイルが入っているほか、USBメモリとしても使える。

SoundBlaster5.1VXPCI

デスクトップPCを使っていて、音質が悪い場合はサウンドカードを追加してみよう。デスクトップPC標準のオンボードサウンドはノイズの多いものがけっこうあるが、「Sound Blaster 5.1 VX PCI」を入れればノイズの悩みはなくなるぞ。値段も2000円以下とお買い得だ。

SE200PCI

さらに音質にゴリゴリこだわりたい人は「SE-200PCI LTD」にチャレンジしてみてはどうだろうか。同社の「SE-200PCI」も高音質で定評のあるカードだが、SE-200PCIはさらに選び抜かれたパーツを使用することで、究極の高音質を実現している。値段は高いがそれだけの価値のあるカードだ。

MDRDS7000

音楽を聴くときはヘッドホンという人も多いだろう。ヘッドホンを使うときに悩ましいのがコードがうねうねうっとうしいことだが、コードレスヘッドホンならその悩みは解消される。コードレスヘッドホンならソニーの「MDR-DS7000」がオススメ。TVゲームをやるときにもコードは右手にからみついたりして邪魔になりがちなので、コードレスだとやりやすいぞ!

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド