寒い夜は湯豆腐で体を芯からポカポカにしよう

yudofu_ponzu

雪に打たれつつ帰宅すると体の芯まで冷えてしまう。ストーブの前で丸まっていても体はなかなか温まらない。昆布でダシを取った熱湯の中に豆腐を入れて、熱いまま豆腐を一気に呑み込むと体が芯から温まるぞ。くれぐれも、やけどには注意! 乾燥昆布は水の状態から大きめのを1枚入れておけばいい。途中で取り出す必要なんかないぞ。沸騰したら市販のポン酢に昆布のダシ汁を混ぜて、つけ汁を温めておこう。七味をちょっと振ると美味しいぞ。豆腐は、ゆで過ぎないよう注意。プツプツと空気穴ができてしまったらゆで過ぎだ。

せっかく昆布のダシ汁があるのだから、ご飯が進むように、肉や野菜もブチ込もう。ねぎ、白菜、鶏肉、豚肉、しいたけなど、冷蔵庫の余り物があればラッキー。食べたい食材を入れよう。食材がない場合は、帰宅途中のスーパーやコンビニで最低限の食材を仕入れておくとよい。ご飯がなければ、残り汁で、うどんを食べよう。味付けは、ダシ醤油をちょっと足すだけで十分。なければ、醤油か塩、酒かみりんで味付けすればよい。

ミツカン 味ぽん
湯豆腐:レシピ検索 おまかせ味ぽん(写真)

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド