"できる男"はレッツノート限定モデルを買う?

letsnote_web

自宅のPCはノートと決めていた時期があった。数年ごとにThinkPadかレッツノートを購入していたのだが、ヨチヨチ歩きの息子にレッツノートのキーボードを剥がされまくってから、敬遠していた。昨年末、自宅にあったデスクトップPCが続けざまに2台クラッシュして、「これが厄年か」と思いつつ5年前に購入した低スペックパソコンを復活させ、年明けを迎えた。

しばらく我慢していたのだが、動作が重すぎて何をするにもイライラする。動画やブラゲーなんかできたもんじゃない。真剣にニューマシンの購入を検討しよう。最近、Amazonの割安になっているPCを物色していたところに、レッツノートのリリースが。Webでしか買えない限定モデルがあるというではないか。店頭モデルに比べ、CPUやHDDがよりハイスペックに。ほかにも、メモリ最大8GBの増設、SSDの容量アップ(従来160GB→256GB)、天板カラー2色の追加、選べるボディカラーなど、カスタマイズが可能になっている。

しかし、メーカー製のノートPCは、なんでこんなに高いのだろうか。20万を超える買い物は、なかなか即決できるものではない。嫁にいえば反対されるに決まってるし、ヘソクリもない。デスクトップPCの購入も頭に入れながら、パソコン選びをしたいと思う。でも、ネットでの買い物って、探す過程が楽しくて結局買わずじまいってことも多いんだよね。

パナソニック モバイルパソコン レッツノート直販サイト – マイレッツ倶楽部 My MALL CLUB Panasonic
仕事ができる人はなぜレッツノートを使っているのか? (単行本)

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド