いざ出陣! ブラウザゲーム"熱血三国"OBT

nekketsu_sangokushi

ブラウザで簡単に遊べる「ブラウザゲーム」(通称:ブラゲー)は、インストールの手間なく、パソコンがある環境ならどこでも遊べるため、巣ごもり中の暇つぶしに最適だ。最近のブラウザゲームは、ソーシャル機能が充実しているため、同じゲームを楽しむ仲間たちと会話しながらゲームを進めることもできる。特に、徒党を組んで敵と戦う戦争モノの人気が高い。

ベクター(Vector)が運営するブラウザゲームのポータルサイト「ブラゲタイム」が、新たな歴史シミュレーションゲーム「熱血三国」のオープンベータテスト(OBT)を開始した。全世界で6000万人以上がプレイした有名ブラウザゲームが、ついに日本に上陸したぞ。”ブラゲーの正統進化系”ともいうべき「熱血三国士」のOBTに、さっそく潜入してみたぞ!

ゲームは、三国時代を間近に控えた後漢末期、黄巾の乱から始まる。自分の城を拠点に資源を蓄え、武将を配下に収め、部隊を整備し、自領の拡大を目指そう。コンピュータが治める、2000の県城、100の郡城、13の州城、そして都城・洛陽といった「名城」を奪い合い、天下の覇権を争うのだ。ゲームには、関羽・張飛・呂布などの史実に登場する武将が総勢900人以上存在する。うまくいけば、強力な史実武将を配下に迎え入れることができるかもしれないぞ。

nekketsu_sangokushi

サーバに接続しログオンするとゲームが開始される。最初の画面で「君主の顔」「性別」「開始州」を選択。劉備玄徳の出身である幽州を選択。いよいよゲームスタートだ。「初心者ギフト」がプレゼントされる。資源と便利なアイテム、さらに「初心者ギフト2」を獲得。スタートボタンを押すと「チュートリアル」が開始される。

nekketsu_sangokushi

まずはじめにするべきことは、城内や郊外に建物を建設し、人口と資源を増やすことだ。右上の「任務」ボタンをクリックして各種任務をクリアしていこう。任務の中で特に大事なのが「発展任務」。任務をクリアしつつ、建物の種類と役割を覚えることから始めよう。任務が完了すると報酬を受け取ることができるぞ。

nekketsu_sangokushi

ゲームのさわりをプレイした感想は、同じブラゲタイムが運営している「ブラウザ三国士」とは違い本格的だということ。ブラウザ三国志はゲームに不慣れな人が片手間でもできるよう、シンプルな作りとなっているが、熱血三国はゲームをやり込んだ人でも満足できる仕上がりになっている。グラフィックも洗練されていてとてもきれいだ。どちらかといえば、コーエーの歴史シミュレーションゲームに近い。

nekketsu_sangokushi

ゲーム開始から7日間は「初心者保護期間」になる。期間中は、ほかの君主に城を攻撃される心配はないので、任務を次々にクリアして、可能な限り資源を蓄え、城を発展させていこう。上部の「地図」をクリックすると、ご近所さん情報がひと目でわかる。ご近所付き合いは大切だ。将来の盟友となるかもしれないから、手紙を出すのを忘れないようにしよう。

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド