短くなった鉛筆ぎりぎりまで使える「Clipグリップ」


ClipGlipMain src="http://www.su-gomori.com/archives/images/21_ClipGlipMain.jpg"
width="400" height="292" class="entry_img" style="border:0px;"/>


トンボ鉛筆が、はさんでつかうクリップタイプ鉛筆アクセサリー「Clipグリップ」を発売した。「すべらず持ちやすい」「ぎりぎりまで使える」が特長のアイデア商品だ。つまむだけで着脱できるのが便利だぞ。グリップとして、補助軸として、子どもの日々の学習に役立つこと間違いなし。

グリップとしての特徴は、鉛筆軸を太くし、軽い力で濃い文字が書けること。通常直径8ミリの鉛筆に、Clipグリップを装着すると1.5倍の直径12ミリになる。太い軸は指との接触面積が広いため握りやすく、鉛筆が安定するのだ。長い筆記に疲れにくく、ペンダコも軽減されるぞ。

また、短くなった鉛筆もぎりぎりまで使える補助軸としても使えるぞ。持ちにくくなった鉛筆をはさむと補助軸として利用できるのだ。鉛筆軸残り約2センチまで使用でき、好みの鉛筆をいつまでも長く使うことができる。

学童用文具シリーズippo!「Clipグリップ」|トンボ鉛筆

Bookmark and Share

関連プロダクトクラウド